スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【深海の秘密】翠星のガルガンティア 9話 感想 考察

9話視聴必須。重大なネタバレあり

地球のヒディアーズは、その昔強制的に進化した人類が、深海で暮らすうちに退化したものだった。以前とある画像から妄想したのが結果的に少し当たった訳だけど…(参考【デイアフタートゥモロー?】翠星のガルガンティア 考察(妄想)
ヒディアーズの謎が解けてよかったぁ~!
いやいやいや良くないよ…ほんとに救われないなぁ……w


虚淵玄さんが絡んでいるアニメは、まどマギ、サイコパスを過去に観ただけなんだけど、極論ともいえる設定の中でキャラクターがどう行動するか、その設定が私達の抱える倫理観に疑問を投げかけるような、そんなメッセージが含まれていたように思っている。

QBは功利主義の極みだったし、シビュラも同じく社会全体の幸せを追求し続けるシステムだった。
サイコパスについてはブログを始めたばかりの時に最終話の感想をまとめているので宜しければどうぞ。
【長文注意】サイコパスが教えてくれたこと

今回のアニメ、ガルガンティアの舞台設定が9話に来てようやくわかってきた。
氷河期という極限状態で人類が取るべき選択、もちろん宇宙への移住計画が望まれていたんだけど、その具体的な方法について2団体において考え方が割れた。その原因は、

『“人間同士”として共生共栄できるか否か』

なんだかんだ言って、争いのもとを辿れば人間の主観的な部分が大きかったのでは?過去においても共存だとか共生が火種になっているというのが実に酷い皮肉っぷりだった。
コンチネンタルユニオンにしてみれば、あんな気味が悪い化物とは一緒には暮らせないだろう。人間をやめてまで生き残ろうとするEvolverの立場から見ると、なんで攻撃してくるんだ?なんでお前らだけワープしようとしてるんだ?という風に映る。

理解し合えない=戦争
というのが過去に起き、宇宙のどこかでもまだ続いている。
さてエイミー達は、クジライカ=昔人間だった事実を知った時どうするんだろう。以前の感想ではレドの選択や葛藤に注目していたけど、もはや地球人類全体としてどんな選択をするのかが争点になったんじゃなイカ?

気になるのが、クジライカ=ヒカリムシという点(ナノマシン製造工場が別に稼働していればいいけど…)クジライカ殲滅=地球環境の悪化、それ以前に船団の動力停止となるわけで…。

近寄りがたい醜い生物だけど必要不可欠だから殲滅できない、そんな展開は悲しいんだけど、事実を知ってしまった人間としてはそういう選択をするのかな。「新世界より」みたいなバケネズミとの共存状態に持ち込む手もある?(新世界より もまとめの感想書いてあるよ!みてね!w)

もうひとつ気になるのが、エイミー達の祖先がどっち寄りだったのかということ。中立派だったのかな…。
・一回宇宙に行って(ワープはせずに)生き延びたのか?
・イカの共生体を少し借りて氷河期乗り越え、また人へ戻ったのか?(そんなまさか)
…どうやって生き延びたのかは相変わらず疑問。
エイミー達についてはまだ遺伝子解析していないから、調べればわかるかもしれないけど、今回のことでチェインバーもレドの言う事聞かない場合もあるってわかったし、なんか怖いな…


白淵 →グレー淵(イマココ)→・・・・・やめたげてよぉ!!

科学と倫理が交差するとき、物語は始まる
なんだろう…既視感がぱないなwまとめるとそんな感じだったw


以下は感想と気づいたこと。


感想
2話で海賊を殲滅させた後、ベローズに言われた「~ましてや海賊は同族だ」という言葉が蘇る。
レドは今まで自分たちが戦争していた相手が実は同族(と呼べるかはわからないけど)だったという衝撃事実を知ってしまった。

淡々と敵の隠蔽工作を疑うチェインバーに対しレドは

「敵ってなんだ!?ヒディアーズは下等生物ではなかったのか?」


己の経験則をもとに敵と見なし、エイミー達を守るために殺し続けた。地球で暮らす今のクジライカには何も罪はない。
レドにとっては、自分が生まれてきてから貫いてきた兵士としての“生き方そのもの”完全否定されてしまったのと同じ。レドの叫び声は、彼が船団で得た人格まで崩れてしまうようで苦痛だった。


レドを想い、笛を吹くベベル。4話でレドが同盟での暮らしを思い出したように、エイミーもレドのことで胸がいっぱいになったんだろう。
ヒディアーズの爪(凶器)からあんなに美しい音色が出る。今までは気にも止めなかったけど、今回の話で元々は人間ということがわかった。……なんて言えばいいんだろう。ほんとに言葉に出来ない。
レドが再び笛を手に取る日は来るのか。
8話でベベルがレドに言った「だってヒディアーズは…」の続きが気になる。元人間と知っててベベルが吹いていたらそれはそれで凄いけどw


松本の娘の子孫=フランジ、メルティ?
人体実験を志願した男性、男性の娘の声が阿澄佳奈さんにそっくりだった。クレジットにはマツモトとエイダマツモトの名しかなく、エイダ(奥さん?)は櫻井浩美さんだった。
その娘の目や髪色がメルティに似ていた。フランジやメルティはその家系なのかな?Elaine Matsumotoが娘という可能性もあるけど…
Evolverの種類もいくつあるんだろう。謎だ。


一番のミスリード
今思えばベベル君から聞いた「地球が一度冷えた時、空へ逃げた人がいた」という伝承がミスリードだったんだろうなぁ。あそこをちょっと深読みしすぎておかしくなった(言い訳)
人から人へ歴史が伝わるとき、ピニオンみたいな人の主観が交じると、
「あぁ、奴らは宇宙へ逃げたんだよ(氷河期から逃げた)」ってなるんだろうなww
主観で歴史を語るなよ!!w

でも人間同士で争いが起きたって部分は当たってよかった。相変わらず疑問がたくさん残ってるけど。それはまた土曜日の夜に。


シンボルマーク

人類銀河同盟(旧コンチネンタルユニオン)は人型のシンボルマークを用いている。
チェインバーも人型ロボット
イカ嫌いがこうじてこうなったのか…と関心した。特にロボットも人型にしてるってのが感慨深いなぁ。

ガルガンティア船団はクジライカのマーク
鍵の持ち手、船団旗、フェアロックが眠る棺の蓋←new!!
どういう経緯でイカを信仰するようになったのか?一番知りたい。



翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3
関連記事

テーマ:翠星のガルガンティア
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

No title

虚淵さんの作品は多くが、倫理観に訴えてくる物が多いように思えます。
だからこそ人死に=虚淵さんというイメージが定着したのでしょう

>人間同士の共存共栄
実はこれ一番難しいんでしょうね
今の自分達の世界は一見すれば共存共栄を行っているように見えますが、その実は他国を以下に押さえ込んで自分達が頂点に立つか、という争いが水面下で行われているのが現状ですよね

だから極限化に陥れば間違いなく弱い国々は淘汰されていくでしょうから、そのためにもイボルバーは宇宙にも適応できる共生体を作ろうとしたのかもしれません。


>ナノマシンの減少
これについては、調べてみたのですがK・エリック・ドレクスラーの著書には水中での運用のみを考えたナノマシンについて書かれており、環境に合わせて自己増殖をする事ができる物にする必要があるとの事です
今現在の科学力ではナノ単位の機械は作るのが難しいそうですが、最初のアセンブラさえ可能にすれば今のガルガンティアのようなナノマシンが作れるそうです

エイミー達は恐らくワームホールが破壊されて取り残された人達ではないでしょうか?
ワームホールドライバーが破壊されて銀河同盟は戻ってくることが出来なくなったため、銀河同盟は多くの科学者や専門家を連れて行った結果地球に残された人達には氷河期以前の文明を取り戻すことができなかったのではないでしょうか

しかしレドの叫び声は本当に悲痛でしたよね(´;ω;`)
エイミー達に出会わなければあそこまで映像を見た後に動揺する事もなかったのかもしれません


>笛
笛に関してはフォロワーさんと話してたら、サイコパスのサイボーグじいちゃんと類似したネタになったと気づきましたw
虚淵さん怖いですねw

No title

人類同士の些細な争いをキリッと論破したつもりが、全部ブーメランで帰ってきたでござる
そんなレド君の心の叫びが胸に痛い

人類同士の旧い戦争が、ずーっと尾を引いてただけのレドの戦争
その現実を前に、彼がぶっ壊れなければ良いんですが
そしてチェインバーが不穏なことをしなけりゃ良いんだが、と心底心配

なんか来週が心配すぎて、考察がままなりませんわ、ワタクシw
今までののんびりした雰囲気は、全て9話のための伏線だったかと思うと・・・くそっ、和まされてたのが悔しいっw
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

翠星のガルガンティアの第9話を見ました。 第9話 深海の秘密 「戦闘状況を開始する!」 レドはガルガンティア船団を離れ、ピニオン達と共にヒディアーズの巣へと向かい、巣
プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。