スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【空白の歴史をズバリ予想】 ガルガンティア考察 9話の感想をみる前に!

ヒディアーズ(クジライカ)は、危険な存在だ。
その本当の意味は、人類よりも環境適応能力に優れているので、結果として人類が生きていく上で脅威になっているだけではないだろうか。
彼らは防衛本能、生存本能に従い生きており、人間とたまたまかち合ってしまっている状態であると予想する。

私の予想では、
人類の文明レベルとヒディアーズの能力は比例する。
(人類の技術によって変化する環境にヒディアーズが適応しようとした結果)
なので、地球の氷河期で文明レベルが落ちると、ヒディアーズも退化し、また環境に適応していく過程で進化する。

これらの前提条件を用いると意外と単純な歴史になる。色んな描写を深く考えずにできるだけ単純に考えた。今まで私の考察を読んでくださった方は、それらを一度忘れて見て頂きたい。
なお、ヒディアーズは地球にもともと住んでいたと考えた。


地球の歴史予想

1. かつての地球はナノマシンを運用できるほど、高度な文明だった
ヒディアーズは地球にもともと住んでおり、人類の環境に伴い進化)
 ※この段階ではなんとか共存、もしくは力が均衡していた

2. 太陽の異常活動により地球が凍る
3. 宇宙へ逃げる人類、地球に残る人類 →詳細3(下記)
(ヒディアーズも宇宙船にしがみつくなどで宇宙へ逃げる物と、地球へ残る物に別れる
※ヒディアーズが宇宙へ適応し、レド達と生存する過程で衝突する →詳細1(下記)

4. 氷河期を抜けた地球人類は、過去の遺産であるヒカリムシを介してヒディアーズと共存していた
  →詳細2(下記)
5. ピニオン兄がクジライカの巣近辺でサルベージ中、襲われ死亡する
6. クジライカには近づくなという教えが広まる
(関わらなければ安全なので、そのままヒカリムシを利用して生活を続けていた)

7. 1話 地球の海底にてチェインバーが発見される
8. 7話 レドがクジライカを殲滅させる
9. 7話 クジライカが船団へ近づく
10. 8話 ピニオンは敵討ちへ、フランジは失われた技術の発掘へ、レドは殲滅へ向かう(6/1現在 私が視聴しているのはここまで)


予想
11.9話予想 レド達は、サルベージ中にピンチになり、ラケージに助けられる!!
12.最終話予想 レドは故郷である同盟に帰るのか、育った故郷である地球に残るのか、選択するような気がする。たぶん同盟に戻って、戦いですぐに死んじゃうような……



詳細1 ヒディアーズと太陽の関係 食料エネルギーとしての熱源
宇宙にいるヒディアーズは、太陽のような熱い光にも耐えられる。エネルギーとして利用している可能性もある。宇宙には強い放射線や未知の細菌があるなど、地球よりも過酷な環境だが、地球にいた頃の適応能力+生存本能により宇宙で進化した。
(外骨格の保有、母艦型などの巣も保有、歯も人間のような噛み砕く用の歯から、鋭利な歯へ進化)

1話の作戦説明より引用

ヒディアーズの巣は、ホットジュピター型惑星の裏側直上に位置。
恒星の光圧(放射圧・輻射圧)に支持された防衛プラットフォーム、ブロッサムセイルがいる。恒星の強烈な輻射熱により、日向側からの接近はままならない。


素人なりに要約すると、
太陽のような熱い星の近くに、ホットジュピターと呼ばれる木星ほどの惑星があり、ヒディアーズの巣はその近くにある。光が吸収されるとその物体に圧力が働く=光圧によってブロッサムセイルは固定されている。
暑いので巣へは直接行けない。影側のブロッサムセイルを倒すしか、巣を攻撃できる手段がない。
以上より、ヒディアーズは熱量を吸収し、過酷な環境でも生きていることがわかる。



詳細2 銀河道(海銀河)発生のメカニズム
地球人とクジライカはヒカリムシを介して『共存』している。
8話でリジットが受け取った鍵や、シブロン他4人で撮った記念写真の背景に、クジライカのシンボルマークが用いられている。少なくとも、昔は(ピニオンの兄が食われるまでは)友好的な関係を築いていた。

以下はヒカリムシが太陽光を利用した「蓄電装置」であることが前提になる。

銀河道(ヒカリムシの集合体)の発生には、雷(ヒディアーズの光線?)が必要。
(2話にて、雷のあとに、エイミーが新しい銀河道が出来たようなことを言っている。)
つまり、ヒカリムシは太陽光を溜めたあとに、ある刺激を加えないと発光(放電)できない

銀河道発生のメカニズムは、6話ラストの様に、浅い海域に偶然出てきたクジライカが、未発光状態のヒカリムシに遭遇し、その蓄電された巨大な太陽エネルギーに驚き、光線を放つ。
結果として、ヒカリムシは放電することになり、地球人にも視認可能な状態になる。地球人はそれを海水ごと取り込み、電気エネルギーとして利用している。

※7話で、船団にイカが迫った時、海銀河が活性化した原因
クジライカはもともと深海に住んでいるので、発光させる器官か、発光細菌を有しており、それとヒカリムシが反応して海銀河が活性化したと思われる。
一般的に、イカは泳ぐ際、ろうとと呼ばれる器官から水を排出して進んでいる。なので、排出の過程でヒカリムシを自然に体内に入り込んだ可能性がある。(捕食したわけではないが、ナノマシンが体内に入り込んだという意味)



詳細3 宇宙へ逃げる人類、地球に残る人類
以前は人類同士で争いが起きたようなことを書いたが、それはひとまず忘れよう。
興味がある方は、【空白の歴史に迫る】翠星のガルガンティア 6話 感想・考察 (05/15)をご覧ください。

太陽の異常活動によって、映画デイアフタートゥモローのような、急速な気候変動がやってきた(氷河期の到来)その時に人類が取った選択が、宇宙へ逃げるか、地球へ残るか、その2択だったように思う。


宇宙へ逃げた人々(レドの祖先)
大人数を連れ、宇宙へ逃げる為には、宇宙船の発射基地(もしくは空間転移装置)が必要。
その名残が地球に残っているはずである。これらの昔の施設にはロックがかけられていて、8話でリジットが受け取った鍵でロックを解除する必要がある。
物語を繋げるためにも、その発射基地がヒディアーズの巣の近くにあると予想している。
ヒカリムシなどの発生源はまた別の場所にある気がする。
レドが銀河同盟の本隊へ帰還するために、その基地を使うかもしれない。


地球に残った人々(エイミーの祖先)
かつて文明が栄えていたので、「シェルター船」(ノアの箱舟)を用いてなんとか生き延びたと大胆予想。氷河期を抜けるまで、船に乗り続け、凍った海面(もしくは海中)で暮らしていた。歴史資料やナノマシン工場なども海中へ沈み、歴史に空白期間が生まれた。
ヒディアーズは原始的な地球で暮らしていくうちに退化した。歴史が途切れているので、クジライカと呼ばれている。
代々ガルガンティア船団長が、受け継いでいる「鍵」と受け継いでいるであろう「伝承」。後者は途切れてしまったので、残された鍵を使い、強制的に歴史を知ることになる、かもしれない。

妄想
ラケージ達海賊は、ヒカリムシに頼らない生活をしている可能性がある。
3話 ラケージはジェットエンジンのボートに乗っていた。本船も海銀河がないところで生活しているかもしれない。少人数だから、もしかしたら可能なのかも(適当だけどw)
でも、狩猟生活で得た独自技術は持っているはず。今後登場することがあったら、人類全員が協力できたらいいなぁって思う。

更に妄想すると、クーゲル中佐がもし地球に来ていたら、海賊として暮らしていたかもしれない。レドはエイミーというおおらかな考えの女性に出会えたが、クーゲル中佐が船団に馴染めなかった可能性もある。
海賊は船団の生活をリタイアした人々の集まりなので、もし、海賊達に独自技術があるのなら、クーゲル中佐が元になっているかもしれない。

以上。


どうだったでしょうか(汗)レドが飛ばされた地球は単純に同盟から離れていただけだったので、あまり深く考えずに、単純に推測してみました。意外と筋が通っているような…ww


本考察とは関係ないけど、海銀河に縛られる生活はやっぱり嫌だと思う。あんなに海が広がってるんだから、私なら、もっと自由に船を出して生活したいなって思った。陸地で生活したいって思う人もいるはず。
フランジは、ヒカリムシに頼る生活を危険だと思ったのかもしれない。
現状維持は衰退の始まりってどっかで習ったよ!

どなたかの考察に役立てればいいなぁ。コメントお待ちしてマス。



翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1 (27%OFF)
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 2 (27%OFF)
翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3 (27%OFF)

関連記事

テーマ:翠星のガルガンティア
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。