スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【斬刀】刀語 再放送 二話感想【鈍】

2013.04.25 14:07|★刀語
雑談パートが長いw30分ずっと雑談だった。
化物語シリーズも1時間枠でやって欲しいなぁ。観返したら冒頭のドロップキックする時もチェリオ!って言ってて可愛かったwwいつ間違いに気づくのか、楽しみで仕方ない。

この刀語、以前放送してた時はどうやら月1放送だったらしい。週1で見られるって幸せ。


さて感想。


雑談パートとのギャップが堪らない!これが西尾作品の面白いところだと思う。病み付きになる。


守るものがあるヤツは強い
そう自然に閃いたのか、銀閣を見て感じ取ったのかはわからないけど、とがめを後ろに待機させる七花。(ギャフンには笑ったw)

CM明け、銀閣の過去が流れる。銀閣も守るものがあった。先祖から引き継いだ刀、そして城。彼はずっと守っていた。

銀閣「剣士には守るものが必要だ。そうでなければ戦えなくなる。」


結局それは妄執だったのかも知れない。だけど自分でそう思わないと、疑問を持ってしまうと、ここには居られなくなってしまう。

このシーン観て、もしかして城を壊すオチ!?と期待してしまった。守るものをなくしてしまえば戦うことができなくなる。あの2人ならやりかねないと思ってしまったww結局違ったけど。

どんなものでも切ってしまうという鈍。
銀閣の妄執を断ち切ってはくれなかったというところが今回の隠れた見どころの様な気がする。(僕はキメ顔でそう言った。)

でもこのオチだと次回以降困るよね、ずっと刀に関係する話だし。そこでAパートに出てきた、決めセリフの話に繋がる。面白いよなぁ。


決めセリフ
どこかで使うだろうなと思っていた口癖。さっそくバトルシーンで使ってくれてよかったw

七花「ただし、その頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな」


やだ…かっこいい///

Aパートで突然「そなたの口癖を考えねばならんな」と切り出すあたり、さすが奇策士とがめちゃんと言ったところ。そなたは個性が弱い。戦闘に負けてもらうのも困るが、個性でも負けてもらっては困る。こういう言い回しが大好き。他にも出てきた口癖?キメ台詞、これ後で七花使うかな?それとも敵が使うのかな?w

拙者にときめいて貰うでござる
ほら俺って誰よりも神から愛されてるじゃん
どうやらあんた島流しにされたいようだな



今週のとがめちゃん。
刀集めよりも報告書を面白く書くことに夢中になってるとがめちゃん可愛い。
七花の真面目なセリフで赤くなっちゃうとがめちゃん可愛い。
全然人を区別できない七花に対して、「匂い」を覚えさせるとがめちゃん…

チェリオ!チェリオーー!!!(もはや用途不明)



噛むのはダメだが舐めるのはよい。





噛むのはダメだが舐めるのはよい。


・・・えっ


セリフ回し

銀閣「すっかり目が覚めちまったよ虚刀流。こんなに気分がいいのはおぎゃーと生まれた時以来だ。」
七花「そいつはどうも、おはようございます。」
銀閣「そしておやすなさい、かな?」
銀閣「これでやっとぐっすり眠れる。」



続けて書くとお前が寝るんかーーいってなるけどwwそこはうまく見せてくれた。いい戦いだった。


おまけ:白鷺のセリフ
字幕見ながら打ち込んだけど、途中からよくわからなくなってきた。こんな感じだったということでひとつ。もうこんなキャラ出てこなくていい(とがめ談)

忍者が堂々と襖から入るってのも恥ずかしい話だけどよ。クックックッ。まあこの場合は仕方ねえか。名乗らせて貰うぜ、俺は真庭忍軍十二頭領が一人、真庭白鷺だ。通称「逆さ喋りの白鷺」っつうんだけどな。それくれよ。一刀両断できないものはないという斬刀・鈍。おっそろしい刀。おいおいシカトするんじゃねえよ寂しくなっちまうじゃねえかクックックッ。それともあんたそんなに俺の忍法が見たいのか?真庭白鷺の忍法逆鱗探しってのはそんなに見れるもんじゃねえんだぜ。参ったねえ。んっ?(真っ二つ)


お読み頂きありがとうございました。

PS.
初回放送時に書かれた感想を少し巡ってみたけど、緑川さん出てたの?気づかなかった。
刀語 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)
刀語 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)


関連記事

テーマ:見たアニメの感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

読み応えのある感想でした

銀閣のおはようからおやすみまでが一つの流れになってたとは気づかなかった。
白鷺の台詞は気になってたけど、まぁさほど重要でもないと無視してたが、おかげで知ることが出来た。ありがたや。
奥義のため鞘を血で濡らした銀閣を、そのまま出血死させようとする腹黒とがめも、偶然じゃダメだと、あえてそれに挑み、勝つことにこだわった七花も見事だった。

この話で好きな台詞
とがめ「私を倒すことなど障子紙を破くよりも容易いぞ」

好きなやり取り
銀閣「甘くみられたもんだ、虚刀流…相手にとって満足なしか」
七花「フッ…」(ニヤッ
とがめ「アホー!馬鹿にされているんだ!!」
七花「え( ゚д゚)?」

緑川さんが演じるキャラクターについては一話でも二話でも少し話に出てた。
とがめが七花と会う以前、マニワニに裏切られた後に、一緒に刀集めをした天才剣士。シキザキの刀を持つ名誉に魅入られて裏切ったあの。
実は、次週の第四話の予告でさっそくチラリとそのキャラクターがお目見えするので、そちらもお見逃しなく。

Re: 読み応えのある感想でした

モンテネグロさんへ
コメントありがとうございます~!
> 銀閣のおはようからおやすみまでが一つの流れになってたとは気づかなかった。
> 白鷺の台詞は気になってたけど、まぁさほど重要でもないと無視してたが、おかげで知ることが出来た。ありがたや。
そこはブログ書いてる時に気づきました。間に2人の会話挟んだんでわかりにくかったですけど結局はまあそんな感じかなとw1話、意外と多くの方にお越し頂いていたので…まとめてみました。少しはお役に立てたようでよかったです。

> 奥義のため鞘を血で濡らした銀閣を、そのまま出血死させようとする腹黒とがめも、偶然じゃダメだと、あえてそれに挑み、勝つことにこだわった七花も見事だった。

1話と違ってかなり緊張感がある戦いでした。とがめは口では奇抜な事を言うけど案外真面目なんですかねw七花はお見事といった感じでしたね。今後の成長が楽しみです。

> この話で好きな台詞
> とがめ「私を倒すことなど障子紙を破くよりも容易いぞ」
なんだか薄っぺらいようで、深い?独特なセリフですねwGW中時間あったら観直したいところです。

> 好きなやり取り
> 銀閣「甘くみられたもんだ、虚刀流…相手にとって満足なしか」
> 七花「フッ…」(ニヤッ
> とがめ「アホー!馬鹿にされているんだ!!」
> 七花「え( ゚д゚)?」

そこ私笑いましたw七花いいキャラしてますよねw真剣なバトルなのにワンクッション入るので見てて飽きないです。

> 緑川さんが演じるキャラクターについては一話でも二話でも少し話に出てた。
> とがめが七花と会う以前、マニワニに裏切られた後に、一緒に刀集めをした天才剣士。シキザキの刀を持つ名誉に魅入られて裏切ったあの。
> 実は、次週の第四話の予告でさっそくチラリとそのキャラクターがお目見えするので、そちらもお見逃しなく。
あぁ!あの人なんですね!そこまで深く見てなかったです(汗)序盤で出会うも決着がつかずに、後半成長した七花と再び!みたいな王道展開になったら面白そうですね(妄想)
非公開コメント

プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。