2013年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. たまこまーけっとが教えてくれたこと(04/01)
  3. 【どうして】ラブライブ!を振り返って【こうなった】(04/03)
  4. 惡の華 1話 感想(04/08)
  5. 宇宙戦艦ヤマト2199 1話 感想(04/09)
  6. 翠星のガルガンティア 1話感想(04/10)
次のページ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.01 14:14|たまこまーけっと まとめ
1.12話をざっくり
あぁ…デラちゃん行かないで!!!
ほんとにそう思った。
いつももちもちしてるのに
たまにカッコいいこと言うデラちゃんが大好き。
まだしばらく居てくれるようで良かった。。。嬉しい。

暗い商店街。
脳裏にお母さんが亡くなった日の事がフラッシュバックする。
昔はみどりがたまこにすぐ抱きついて慰めたのに、
今回はデラが抱きついた。
デラちゃんがたまこ達の生活にここまで溶けこんでたんだなって
思って嬉しくなった。
たまこが商店街のことを話すシーン
たまこの思いを知り走るデラ。
涙が止まらなかった。
なんだか胸の辺りがあったかい。

他にも細かい感想はたくさんあるけどとても書ききれないのでひとつだけ。
チョイちゃん靴履いてる!でも靴下…くすぐったいのかな?w


2.たまこまーけっとが教えてくれたこと
私は商店街であんなにあったかく接して貰った経験はない。
もちろんすべての商店街があんな感じではないだろうし、
アニメの中だけなのかもしれない。

店頭に店主が出て声をかけて。
お客さんの顔をちゃんと覚えていてくれて。
小さい子供の世話を焼く。

でも実際にそんなことされたらどう接するだろう。
馴れ馴れしくするなって思うんじゃないか。
こんなとこで買い物したくないって思っちゃうんじゃないか。
そんな若い世代が多いような気がする。

今の時代はどこか冷めていて、人との距離がなんとなく遠く感じる。
人とつながることが少し怖い時もある。
それでもSNSで知らない人と話したいのは
どこかで繋がりたいっていう思いがあるせいかな。

たまこの周りの人たちは
いつも暖かくて
何か起きる度に気遣ってくれて
ずっと側にいてくれるような…

エブリバディラブズサムバディ
誰もが誰かを愛している。
このアニメが教えてくれたこと。
大切な人ともう一度一緒に観たいな。

デラちゃんが商店街に訪れなくても
たぶん商店街は変わらずあんな感じなんだろうな。
どこにでもある出会いと別れだけど
大好きになった分離れるのは辛いよね。

もう少し素直に悩んで、
喜んで、
ありがとうって伝えて
もう少し人を好きになろう。
そう思える作品だった。

いつも側にいると気づかないけど
日常はこんなに尊いんだね。
そんな事に改めて気づいた。
なんて書くとありがちな感想になっちゃうけど。

搗きたてのお餅みたいに柔らかくて温かくて
噛めば噛むほどもちもち幸せ。
たまこまーけっと。大好きな作品に出会えました。
制作に携わられた皆さんありがとうございました。
ちゃんと届きましたよ。

最後に
キャストコメントが更新されたようですのでリンクを載せます。
声優さんに興味がないという方も宜しければ読んでみてください。
あの花の名前はチューベローズっていうらしいですよ。
スタッフ・キャストコメント
たまこ役 洲崎綾さん ブログ


読んでいただき有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:たまこまーけっと
ジャンル:アニメ・コミック

2013.04.03 13:55|ラブライブ まとめ
アイドルっていう定義は人それぞれだろうけど、
彼女達が頑張る姿をみていると、明るい気持ちになれた。
がんばろうって気持ちになれた。
本当に感動した。
元気を貰った。
もっかい一話から観たい!!

ラブライブ。
アニメなのに、
テレビの中にアイドルがいた。
とっても不思議な体験だった。


一番好きなエピソードは花陽ちゃんの話。
自分に自信が持てない子はたくさんいる。
誰だってそう。
でも勇気を振り絞って
なりたい自分になろうと頑張れる人はそうはいない。
思い出すだけで目頭が熱くなる。



(ここから少しだけ怒ります…)



アニメを録画していると
これは上書きでいいなってものと
BDに焼いて保存したいものが出てくる。

正直この作品を舐めていた。(ぺろぺろという意味含む)
なんで上書きしたんだろう…orz

と後悔したのが花陽ちゃんの話を見て。


それまでは保存しようと思えなかった。


なぜか。



真姫ちゃんと希ちゃんが棒読みで下手くそだったから。



下手くそだったから…



でもこれってとっても大事なこと。
もちろんラブライブだけじゃなくアニメ全般に言える。

棒読みキャラがいると、
キャラクターに感情輸入できないし、
それまでの作品の空気をぶち壊される。

何より作品作りに携わっているすべての人の努力を台無しにする。
キャラクターに命を吹き込むってそういうことでしょ。

製作者側が自分で選んだ役者さんなのに。
結局自分の首を締めることになって・・・その辺に憤りを感じる。

特にこの作品は作画がとっっっても綺麗で、
キャラクターも本当にマジでやばいくらい可愛いし毎週ぺろぺろ祭りだった

だから演技が下手なのが残念でならなかった。
本当に残念だった。

私はこの作品をアニメで知りました。
始めから応援している人達には申し訳ないけど、
率直な感想を書きました。


読んで頂きありがとうございました。

テーマ:ラブライブ!
ジャンル:アニメ・コミック

2013.04.08 22:46|★★惡の華
あの絵はわざわざ実写を加工してるらしい。
リアルな顔と体の動きなのに、色はのベタ塗り。
周りの風景とも浮いててかなり不気味な感じがした。


原作絵と違いすぎるって批判もあったけど、
原作知らないから楽しみで仕方ない。




関連記事

テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック

2013.04.09 23:00|宇宙戦艦ヤマト2199
宇宙戦艦ヤマト。
子供の頃に朝やっていた気がする。
CSで見たのかな。全然覚えてない。

「主要キャラの顔」と「波動砲」と「主題歌」はなんとなく知ってる。
あとキムタクが実写でやって大赤字?になったような。

往年のファンの方々には申し訳ないがそんな程度の認識。
たぶん取り敢えず観てみようかなって視聴してみた方も
多くいらっしゃるのではないだろうか。

感想
1.絵は今風でとっても綺麗なんだけど古臭さが拭い切れない。
2.初登場で特攻されても…。
3.看護婦さん可愛い!!!
4.エンディングでネタバレされた…。なんだよこの合唱…。
5.どの視聴者層をターゲットにしてんだろう。








関連記事

テーマ:宇宙戦艦ヤマト2199
ジャンル:アニメ・コミック

4/28追記 ガルガンティアは今期で一番考察に力をいれています。他の記事も是非ご覧下さい。
下の関連記事、もしくはカテゴリからどうぞ。以下、初回放送後の素直な感想です。


Aパートの情報量がすごかった…。
視聴終わってからまたすぐ見直したくなった。
名作の予感がプンプンする。
事前情報なし、一回見た直後の感想です。


関連記事

テーマ:翠星のガルガンティア
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。