新世界より まとめ

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 新世界より が教えてくれたこと(03/31)
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.31 12:04|新世界より まとめ
半年間ニコニコで観続けた新世界より。
おしゃれな演出と毎回ゾッとする展開。
原作未読という事も相成って、毎週末が楽しみだった。
不気味で不気味で見るのが怖かったのも良い思い出。
途中作画が乱れたこともあったけど(低予算なの?)
最終話を丁寧に描いていた。

偽りの神に抗え


というキャッチフレーズ。
最終話みた後に知った。
もっと前に知っていればより楽しめただろうな。
事実に蓋をして神に成り下がった人間とバケネズミの物語。
もう一度一話から観直したい、そんな素晴らしい作品だった。



1.想像力こそがすべてを変える
最後にこういうメッセージがあった。
こういうのがある作品大好き!
やっぱりこれが伝えたかったことなのかなぁ。

結局のところ、
人間と獣、その姿で区別するしかない。
という事実が胸に突き刺さった。

私は人間だ!!!
というスクィーラの最後の叫び。

何を持ってして人間なのか。
何を持ってして獣なのか。

呪力という想像力を具現化できる能力を手にした人間ですら
事実に蓋をしてバケネズミの事を理解しようとすらしない。


でも…
いくら想像力があっても
バケネズミ達のことを理解できても
一緒には暮らせない。
あんな卑しい容姿をした獣と暮らせない。
生理的に受け付けない。
想像力があっても越えられない壁。
人間の闇を感じた。

結局のところ、
人間と獣、その姿で区別するしかない。
当然かもしれない。

想像力こそが、すべてを変える。


感想をまとめていて、ハッと気付かされた。



2. さき達の今後(想像)
戦には勝ったけど、呪力を持った人間たちは変わるだろうか。
あの歴史記念館は後世の子供たちに何を伝えるのか。
真に伝えなきゃいけない事実に蓋をしたまま
表面的なことしか伝えないのではないか。

何事もそう。
そうやって見られたくない事を隠すのが人間の悪いところ。
(どこかの国みたいだ)

何年か経って、
やっぱりバケネズミ達とまた争うことになって、
そんな時に、
さきがまとめた手記を子供が見つけて…
そんな展開がまた起こりそうだなぁ。


最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。