★★進撃の巨人

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 【小さな刃とは、人間そのもの】進撃の巨人 6話 感想(05/23)
  3. 【少女が見た世界】進撃の巨人 6話 感想(05/15)
  4. 【絶望の初陣】進撃の巨人 5話 感想(05/08)
  5. 【問われる人類の真価】進撃の巨人 4話 感想・考察(05/01)
  6. 【守りたいものは】進撃の巨人 3話 感想【何だ?】(04/24)
次のページ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.23 23:59|★★進撃の巨人


この世界で力強く生きるための方法、それは「誰かを想うこと」。放送後1日煮詰めて出た結論。

・守るべき市民を救ったが、取り残された兵士は、生きる意味を失った。
・戦う兵士のためにガスを届けられず命を断つ者、逃げる者。
・自分の身の安全のために憲兵団に入ろうとしたジャンは動けなかった。
・自分には何も守れないと絶望したアルミンは動けなかった。

大切なエレンは死んでしまったけれど、生き続けたい。人を想ったミカサは生き残った。
スポンサーサイト

テーマ:進撃の巨人
ジャンル:アニメ・コミック

2013.05.15 20:39|★★進撃の巨人
少女が見た世界
ミカサの見た世界。それは残酷なほどハッキリとした弱肉強食の世界。
昆虫や動物の世界では普通の掟。今まで見て見ぬふりをしていたが、自分の身を持って知った。
戦え!というエレンの鬼気迫るセリフに鳥肌がたった。

母を失い、父は狂い、エレンは帰る場所を失った。それでも巨人に立ち向かった。
処女時代に両親を亡くしたミカサはエレンが帰る場所だった。しかしもう、エレンはいない。
ミカサがその事実を知ったとき、刀を置くのか、巨人へ立ち向かうのか。
そしてミカサの選択をアルミンはどう受け止めるのか。

エレンの“意思”を継ぐ展開になって欲しいんだけど現実は残酷だから…。どんな展開になっても視聴者は受け止めなきゃいけない(震え声)


ミカサが助けた少女が、将来ミカサの意思を継いで兵士になる選択をしたのなら・・・
意思が繋がっていく描写に見えて胸が熱くなった。
少女が見た世界…実に深いサブタイトルだ。

テーマ:進撃の巨人
ジャンル:アニメ・コミック

2013.05.08 17:16|★★進撃の巨人
幼い頃アルミンと話した外の世界のこと。純粋な好奇心はやがて夢となり、母の死はエレンに生きる目的を与えた。
3年間何度も死にそうになりながら訓練兵団を卒業。そして突然始まる初陣。仲間が一瞬で死んでいく現実。
激情して挑むも巨人には歯がたたない。結果、喰われる。


ただただ、絶望するのみ。


wwww草を生やせ!www
人類に残された道は草を生やすことだ!wwww
この絶望の初陣、どうやって感想まとめよう…

テーマ:進撃の巨人
ジャンル:アニメ・コミック

2013.05.01 21:44|★★進撃の巨人
終盤まさかの大型巨人登場。一気に絶望的な雰囲気になりかけたところエレンが奮起。来週誰が死ぬのか…。

5年間…エレン達訓練兵含め、街も、人も巨人に立ち向かうべく変わった。飲兵衛だったハンネスでさえ部隊の隊長になった。市民のメンタルも回復しつつある中、再び巨人の襲来。訓練中はできた事が果たして奴らへ通じるのか。

巨人は人類の真価を問うべく再びやってきたように思う。人類を試そうと巨人たちは嗤っている。そんな気がする。


テーマ:進撃の巨人
ジャンル:アニメ・コミック

2013.04.24 19:22|★★進撃の巨人
訓練兵団での生活。他人は何を考えているかわからない。
いつ弱みを握られ貶められ裏切られるかわからない。ドス黒い人間模様が描かれていた。自分の能力にしか希望を見出せない世界。脱落者が出るのは何もおかしいことではなかった。

通過儀礼
今までの自分を否定される。巨人の餌にすらならない邪魔なゴミを振り落とす。貴様は何者だ?
ミカサやエレンは質問されなかった。巨人に親を食われ、家を潰され、大切なものを無くした事、これは間違いなく人生の節目。通過儀礼は済んでいるという事。巨人によって人生を否定され、心は傷ついている。それでもなお兵士に志願する。(まだ12歳って…)

暗い空気をふっ飛ばしてくれたサシャ。ありがとうw芋送っといたよ!w




テーマ:進撃の巨人
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

ほむぽむ

Author:ほむぽむ
地方住まい。アニメをBSやweb配信で視聴。


5/27追記【お詫び】
感想をまとめるのが難しくなってしまいました。

今期は「翠星のガルガンティア」水曜午後、土曜夜、の週2回更新とさせて頂きます。応援して頂いた方、本当に申し訳ありません。できる範囲で頑張っていきます。


当ブログについては→ごあいさつ

カテゴリ

RSS 全文配信中

リンク

わたし、気になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。